| ★ランチ漫遊記 | ★浜松(旧浜松市内) | ★浜松駅周辺| | ★磐田・袋井 | ☆どんぶりっこ | 
| うどん・蕎麦 | ☆お魚 | ☆がっつりお肉 | ☆ご飯ツブ | ☆らーめん | ☆エスニック調 |
| ☆カレー | ☆スイーツ | ☆パスタ |
 バウムクーヘン | ☆ファミレス | ☆フライ・揚げ物 |
| ☆喫茶 | ☆日替わり定食 |
 いただきモノ | 懐かしのお店 | 番外編 | 食材 | 
    モザイカルチャについて
    会場:はままつフラワーパークへのアクセス  
 
モザイカルチャーについて
 

◆モザイカルチャーとは・・・

いくつもの花や緑を組み合わせ、その色合いや特性を生かしながら
モザイク状・幾何学状に配置し、形を作りあげた作品を「モザイカルチャー」とよびます。
「トピアリー」が植物を立体的に刈り込むのに対して「モザイカルチャー」は、
デザインに合わせてワイヤーフレームとメッシュで骨格を作り、そこに土を詰め込み、
植物を植え込み作り上げます。

浜松モザイカルチャー世界博2009(愛称:浜名湖立体花博)は、
「人と自然のシンフォニー」というテーマの下、
地球とそこ暮らす全ての生物の幸せを願い、
多くの生物や人間、環境との共生の姿について、
たくさんの人に考えていただくきっかけになることを願っています。
     
◆発展と歴史
古くは近世の庭園芸術の一環としてヨーロッパではじまり、
ルネッサンスを契機とした庭園空間の三次元的表現の発達に伴って、
フランスやイギリスでカーペットベディング(カーペット模様をあしらった花壇づくり)として
定着しました。
19世紀にフランスのリヨンで色彩豊かな花を多用する公園景観の修景技術として
正式に認知されました。
この時期はカーペットベディングとモザイカルチャーは同義語でした。
その後20世紀後半にカナダのケベック州を中心に
公園などの広大な芝生の景観に色彩豊かな草本を立体的にアレンジし、
魅力を添える技法として発展しました。
さらに世紀末に金属フレームで作った原型の像の表層に根の着いた草本を植え込み、
花や葉の色彩美を生かした大型の像で公園や広場などの都市景観を演出する
装景技法として定着しました。
 
◆モザイカルチャー世界博の意義

花や葉の美しい草本で作る大型の像を導入したな庭園や公園公の景観が
多くの人の共感を呼び、新しい文化の創造と世界平和を基本理念とする
国際モザイカルチャー運動として1998年にモントリオール市で国際モザイカルチャー委員会が設立され、3年に一度の世界博覧会が開催されています。
浜松大会は第4回で、日本で初めて開催されるものです。

 
 <ページトップへ戻る>
 会場・アクセス

準備中

新着情報
 きっと見つかる探しモノ
 今月のお得情報
ぷらり 遠州ランチブログ
 
  GOODS
: 陶珍かまど 二合炊き(電子レンジ専用)
陶珍かまど 二合炊き
(電子レンジ専用)

お釜も蓋も二重構造になっていて
圧力釜の原理を利用。
15分加熱後20分蒸らすことで
時短可能。
“陶”器と電子レンジの
“チン”から命名らしい。


: la base ツールスタンド 中 700185

la base ツールスタンド 中
700185


: グリッド鍋敷きデュオ(オレンジ/イエロー)
グリッド鍋敷きデュオ
(オレンジ/イエロー)

: TANITA デジタルクッキングスケール ホワイト KD-173-WH
TANITA
デジタルクッキングスケール
ホワイト KD-173-WH

 
ぷらり 遠州ランチブログ
★ランチ漫遊記
 【エリアで選ぶ】
浜松(旧浜松市内)
 浜松駅周辺
 ★磐田・袋井
 【ジャンルで選ぶ】
 うどん・蕎麦
 ☆お魚
 ☆がっつりお肉
☆ご飯ツブ 
 ☆どんぶりっこ
 ☆らーめん
 ☆エスニック調
 ☆カレー
☆スイーツ 
バウムクーヘン 
 ☆パスタ
 ☆ファミレス
 フライ・揚げ物
 ☆喫茶
 ☆日替わり定食
 いただきモノ
 懐かしのお店
 番外編
 食材
  
     
 
Copyright c 2008 purariensyuu lunch ぷらり 遠州ランチ All rights reserved