本文へスキップ

あえるし〜倶楽部は、心とKokoroでつなぐココロ的文化サイトです。

TOPWhat's New.>「2018国分寺まつりIN遠江」「国分寺跡展望ツアー」開催情報・文化財はいかに守られているのか・国指定特別史跡の遠江国分寺について学ぶ歴史イベント


= 「2018 国分寺まつり IN 遠江」開催情報  =
| 日 時 | 会 場 | 入場料 | 駐車場 
 関連記事・サイト | おまけの情報

| 「国分寺跡展望ツアー」 |



  〜国指定特別史跡の遠江国分寺について学ぶ歴史イベント〜
「2018 国分寺まつり IN 遠江」& 「国分寺跡展望ツアー」 開催まとめ情報☆彡

磐田市の遠江国分寺について学ぶ歴史イベント「国分寺まつりIN遠江」

  •    磐田市の遠江国分寺について学ぶ歴史イベント「国分寺まつりIN遠江」&「国分寺跡展望ツアー」6月9日(土)9:00〜 遠江国分寺史跡公園で開催。天平の時代にタイムスリップしてみよう。
  • INDEX
    = 「2018 国分寺まつり IN 遠江」開催情報  =
    | 日 時 | 会 場 | 入場料 | 駐車場 
     関連記事・サイト | おまけの情報

    | 「国分寺跡展望ツアー」 |
  • 第13回「2018 国分寺まつり IN 遠江」 と「国分寺跡展望ツアー」が、
      平成30年 6月 9日(土)、09:00〜16:40
      遠江国分寺史跡公園で 開催されます。

     昨年は台風で開催が中止になりました。

     オープニングイベントは、
     国司一行の国分寺参拝行列が、JR磐田駅北口広場から遠江国分寺史跡公園へ
     そして、国司一行をお出迎えして開会式。 
     
     天平の時代にタイムスリップ。
     ステージでは、
     奈良時代から続くといわれる国指定重要無形民俗文化財・天宮神社(森 町)の十二段舞楽や万葉集の詩吟と舞など。

     国分寺の発掘状況説明もあるよ。
     祝いもち投げもお楽しみだね。

    当たり前にある寺院・神社、仏像、絵画、石仏やお祭りなどの 多くの文化財。
    年月の経過や、災害、開発・環境悪化などを経て 当たり前にある文化財。
    「文化財はいかに守られているのか」の視点で参加してみるとさまざまな発見があります。
  • この機会に、行ってみよう、観て感じてみよう。
  • 「国分寺跡展望ツアー」
    開催日時: 平成30年 6月 9日(土) 10:00〜16:40(雨天等の場合翌日)
    集合場所: @11:00 A13:30 B14:30 会場内の文化財課テントに集合
    内容: 磐田市役所6階から国分寺跡を展望(所要約30分)。引続き希望者は公園内を案内してくれる。遺物展示もあり。



・「遠江国分寺CG復元」>YouTube


 国指定特別史跡『遠江国分寺』について学ぶ歴史イベント
「2018 国分寺まつり IN 遠江」開催まとめ情報 
日 時  平成30年  6月 9日(土)
 09:00〜16:40  ※少雨決行
会 場 遠江国分寺史跡公園 ・ 磐田市役所本庁舎北側
磐田市中泉中央町3365 

地図⇒クリック
入場料
(税込)
 無料
内 容 ・ 国分寺遺物特別展示
・ 国分寺のガイド
・ 国司参拝風景の再現行列
・ 十二段舞楽(国指定重要無形民俗文化財:天宮神社)
主 催  「国分寺まつり IN 遠江」実行委員会
行き方 ・JR磐田駅より 天平ロードを北へ徒歩 約15分
・遠鉄バス: JR磐田駅北口1番〜「二俣・山東行き」〜約3分〜南高校下車〜徒歩約2分。
・東名: 磐田IC〜約10分
駐車場  磐田市役所または iプラザ東側砂利駐車場(磐田市国府台57-7)
問合せ先 TEL: 0538-32-9699 文化財課

= 「2018 国分寺まつり IN 遠江」開催情報  =
| 日 時 | 会 場 | 入場料 | 駐車場 
 関連記事・サイト | おまけの情報





 参考情報

  •  
    これまでのポスタ
    2018国分寺まつりin遠江 2017国分寺まつりin遠江
    2015国分寺まつりin遠江 2014国分寺まつりin遠江

◆関連記事・サイト


 

 知っとく情報

  • 「2018 国分寺まつり IN 遠江」は、またまた台風5号発生し、その影響での天候が危ぶまれましたが晴天に恵まれ無事に開催。今年はギャラリーよりも出店店舗や関係者の人たちが目立つ感がありました。
  • 「2017 国分寺まつり IN 遠江」は、台風接近のため中止。延期での日程があるかと思いきやあっさりと中止。
  • 「2012 国分寺まつり IN 遠江」が、2012年 6月9日(土) 天候不順で ⇒  6月10日(日) に。
       磐田市にある国指定特別史跡『遠江国分寺』で開催された。
       国司参拝行列や蹴鞠の実演などで、天平の時代にタイムスリップ。
       このとき注目の、「七重塔の相輪の実物大模型を展示」とは、模型というにはちょっと期待はずれなのです。
       しかし、高さを実感できたので…。
  • 遠江国分寺は、奈良時代に全国に造られた国分寺のひとつ。
    東大寺を模した七堂伽藍を備えていることで有名なのだ。
    天平13年(741年)、諸国に国分寺と国分尼寺を建立するよう詔が出され、
    遠江国分寺の建立が始まる。
    このときの「国分寺建立の詔」はどんなものか。
    『武蔵国分寺跡資料館解説シートNo.2』に『続日本紀』天平13年3月の条が掲載されているのでご参考に。⇒クリック
  • 遠江国分寺の詳しい創建年代は不明。
    遠江国分寺跡は1951年(昭和26)に発掘、国指定特別史跡に指定。
    磐田市内の古代の寺院や役所の遺跡が多数分布している。
    遠江国府・遠江国分寺・遠江国分尼寺・大宝院廃寺・府八幡宮・天御子神社など。 

バナースペース



Historie☆彡










参考: 金・白金相場